阿寒湖ならではの美味!ザリガニとヒメマスを堪能 阿寒湖編


pura20

 

ザリガニは地元おなじみの味

阿寒湖温泉街を拠点に活動している「まりも倶楽部」の活動はとても多彩です。地域に住む女性35人が温泉街の魅力を詰め込んだマップづくりやフラワーハンギングの指導などに取り組んでいます。中でも注目したのが阿寒湖の水産資源を活かしたまちおこしです。阿寒湖を訪れる修学旅行生や地元の中学生に「ヒメマスご飯」を教えたり、ウチダザリガニが本州でどのような料理に使われているか調査に出掛けたりしています。阿寒湖漁業協同組合の皆さんと一緒に商品開発やレシピ作りも進めています。さっそく皆さんにザリガニとヒメマスを使った料理を紹介していただきました。

akan1

木村 テーブルに色鮮やかなウチダザリガニが並んでいますね。
内藤千佳子さん 生の状態では黒ずんでいますが、ゆでるときれいな赤色になります。普通のウチダザリガニは食べても泥臭く、外来種として各地で駆除が進んでいますが、阿寒湖は水質が良いので泥臭さが無くとてもおいしいんです。阿寒湖漁協が漁業権を取得して、冷凍で全国に発送している水産資源なんですよ。

akan2
木村 ちょっと味見を…。特にハサミの部分は、身がとても濃厚でおいしいですね! ミソもすごくおいしい。
石川利恵子さん 阿寒湖畔ではおなじみの味です。子どもと一緒に湖に行き、さきイカを糸で吊し、岩影に垂らします。ハサミでつかんできたところをタモ網ですくいます。
木村 たくさん釣ってもりもり食べてみたいですね。今日はどんな料理を教えていただけますか。
石川さん ザリガニのクラムチャウダーとカルパッチョ風です。まずは殻むきから。頭を取り、身の上にある殻を少し外し、尾を引っ張るとスルッと殻が外れます。胴体の殻をむしってから背ワタも取ります。

akan3
木村 皆さんさすがに手早い!
石川さん クラムチャウダーは、ザリガニの頭と殻に水を加えてスープを取ります。フライパンにバターを溶かし、タマネギ、ニンジン、ジャガイモと炒めます。スープ、牛乳、コンソメと生クリーム、ザリガニのむき身を入れ、塩コショウで味を調えます。漁協さんが開発した「北海道阿寒湖特産レイクロブスタースープ」には、ザリガニのほかにもフレッシュバターや生クリーム、トマトなどの野菜が入っています。これをスープに加えることでコクが深まります。カルパッチョ風はむき身と野菜に白のバルサミコ酢やオリーブオイル、塩コショウで味付けします。

akan4
木村 早速いただきます。カルパッチョ風はザリガニの身とミソの味わいが濃厚で、バルサミコ酢が良いアクセントですね。ザリガニがお皿に乗っているのでインパクトも抜群です。クラムチャウダーはザリガニのコクがとってもおいしいですね。ザリガニの味は〝エビとカニの中間〟のような味と言ったら良いのでしょうか。エビ好き、カニ好きの方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか。私は大好きな味です。

ヒメマスの香りいっぱいのご飯

木村 ヒメマスはどのように手に入れているのですか。
小林恵美子さん 冬の間は阿寒湖から少し離れたペンケトーとパンケトーという湖で漁をしています。大昔は阿寒湖とつながっていたそうです。森の中にある湖なので、冬以外には近付けません。湖に氷が張ってからスノーモービルで行き、氷に穴を空けて釣ります。湖のあちこちに温泉がわき出る湯壺があり、氷を溶かしているのでとても危険です。ヒメマスは漁協さんが真空パックにして販売しています。小さめのヒメマスでも1匹500円はしますので、家庭ではもちろん旅館などでもなかなか出会えない味だと思います。

akana
石川さん 今日はヒメマスご飯も作ります。まずヒメマスは丸ごと焼き、昆布とカツオのだし汁、しょうゆ、グラニュー糖、酒、しょうがで煮ます。魚を取り出し煮汁を冷まします。ゴボウやニンジンを切って炒め、煮汁を加えて煮ます。研いだうるち米ともち米を5対1の割合で入れ、煮汁と野菜を加え、ヒメマスを載せて炊きます。炊き上がったらヒメマスの骨と皮を取り除き、釜に戻して全体を混ぜてできあがり。昔は漁師さんの奥さんが、ヒメマスを生のまま米と一緒に煮たそうです。私たちはヒメマスの香りを楽しみたいので、あらかじめ焼いています。

akanbakancakandakane
木村 ご飯にヒメマスの味がしっかり染みています。魚を入れて炊き上げているのに、生臭さはありません。身もホックリとしてとてもおいしいですね。
阿寒国立公園の大自然に育まれた素晴らしい水産物の数々と、お母さんたちの気持ちがいっぱい詰まったおいしい料理を心ゆくまで堪能させていただきました。

miyan33 について

木村 光江(みーやん)bambic.バンビック代表 北海道フードマイスターとして地産を活用したクッキング講師として活動の場を広げているみーやんです。 ・北海道らしい食づくり名人・野菜ソムリエ・雑穀エキスパート・日本デコ巻きずし協会 北海道支部代表 料理講師、レシピ開発、商品アドバイザー業務、食育講座の企画&協力、市町村のイベント司会/MCなどの仕事をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*